スレンダーな痩身ボディは憧れ

昔は、どちらかといえば「痩身」と胸を張って言える体型だったのに、だんだん齢を重ねるにつれ、「ギリギリの中肉中背」となってしまったのが少し悲しくもあります。
食べる量はさすがに昔よりは減ってるし、運動もしているのに悔しいですね。

 

最近は、洋服のシルエットが、小さ目、細目になってきてるので、9号はまず無理としても、11号が何とかきれいなシルエットを崩さずに着られるよう必死です。
シャツの腕周りも、コートやジャケットの身頃も、とてもタイトなデザインのものが多いので、体型維持は必須ですね。
私の好きな洋服のショップのカタログのモデルさんは、これらのスレンダーなシルエットな服を、きれいに余裕で着ていることと言ったらうらやましい限りです。

 

これからは、春から夏へとどんどん薄着になっていく季節ですね。
大きめのシャツやTシャツで体型をごまかすのでなく、きりっとしたシルエットで薄着が着こなせるよう頑張りたいものです。

着やせだけでなく、本当の「痩身」に

世の中には、着太りする人と着やせする人がいるのだそうですね。
私は、ずるいことに、後者で、周りからは「痩せてる人」と思われているふしもありますが、実はとんでもありません。
にの腕にも、ウエスト周りにも、要らないお肉がたくさんついてます。

 

洋服は、ある程度コーディネイトでごまかせますが、温泉やプールではそうはいきません。
最近の趣味である、ジャグジープールやスパは、この体型の「秘密」がばれないよう、1人で行きます。
着替えルームの鏡で、自分の水着姿を見るたびにがっかりです。

 

そこで今年は目標を立てました。
女友達を誘って健康ランドに堂々と行けるよう、シェイプアップです。
とにかく、定期的に運動(主にウオーキングプール)を欠かさない、夕方から夜食べる量を減らす、歩ける距離は自転車などを使わず歩く、の3点を柱に少しずつがんばってます。
とりあえず7月までには何とか、堂々、水着姿お披露目したいです。